[お休み]
9/20(水) - 9/22(金) 研修のため発送、電話・メールでの応対をお休みしております。25日(月)より順次対応いたします。なお、ご注文は24時間webサイトより受け付けております。本日も愛犬ちゃんとすてきな1日をお過ごしください!

会員メニュー 新規会員登録 会員情報の修正 ポイント保有数の確認 過去のご注文を確認

営業日カレンダー

2017年 09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 
ドッグスリングの使い方

erva home > お買い物 > ドッグスリングの使い方


愛犬の体重が13kg以上の場合は下記のような着用方法ではなく、初めに犬をドッグスリングに入れた状態で、着用者が首を通す方法があります。その際に机や椅子などに犬を乗せ、犬の高さを高くすることでより持ち上げる際の負担が少なくなります。

おすすめの抱き方 おすすめの抱き方

1 肩ひもは縫い目が肩の中心より少し背中側になるように着用して下さい。また、肩の負荷をできるだけなくすために肩紐の幅はくしゅっとならないよう最大の幅で着用して下さい。

2 赤ちゃんの抱っこひも・スリングの開発や販売の経験を通して、赤ちゃんを抱っこする位置が大変重要であることが分かりました。赤ちゃんのお尻の位置が着用者の骨盤の前にきて、下の方で抱っこすると、赤ちゃんの体重が腰ばかりに集中し、腰への負担が大きくなります。ですので、骨盤ではなく上の方で抱っこして頂くことでわんこの体重が肩と腰へバランスよく分散されます。

ご使用上の注意

1 前かがみになるときは、必ずわんこを手で支えて下さい。

怠ると転落事故につながる可能性がありますのでくれぐれもご注意下さい。

2 常にわんこを気にかけて下さい。

体勢によって、わんこが不安定になる場合があります。 臨機応変に手で支えてあげるなどして下さい。

3 ドッグスリングのサイズが少し大きく感じたら、お尻の下にタオルを敷いて調節して下さい。

お洗濯方法

1 ネットに入れてざぶざぶ洗って下さい。

2 漂白剤は使用しないで下さい。

3 色移りの可能性がありますので、他の衣類と洗わないで下さい。

4 アイロンする際はポケットのボタンを避けて下さい。

商品が届いたら

必ず一度洗濯をしてからご使用下さい。洗濯することで、さらに体になじみ着用サイズに縮みサイズが固定されます。なお一度この過程をして頂くと次回からのお洗濯でさらに体感できるほど縮むことはありませんので、ご安心下さい。日に日にくたっとなり、風合いが出てきます。どうぞ、お楽しみにお使い下さいませ。


erva pagetopへ