岡山県児島、デニムの聖地で
デニム職人の手で作りました

岡山県児島は、日本ではじめてジーンズを制作。1960年代からデニムの生産地として成長してきまし た。デニム職人達がデニムを製品としてではなく、作品として捉え、技術や芸術性を高めた結果、織り・ 染め・縫い・その他オーバーダイなど加工において、世界から支持されるようになりました。

岡山県児島にある加工場

店頭にあるデニムは全部違う。様々な表情があり、それは職人の手によって違いが生まれます。出来上がりをイメージしながら、ブリーチ、バイオストーン、ウォッシュなど、様々な加工過程から適切な方法を選んでいきます。

デニム職人の手仕事

加工は全て一発勝負。やり直しはできません。生地の種類は100通り以上あるので、加工の仕方は素材によってバランスを変える必要があります。長年の経験と技術はあるものの、1点1点違うものを 加工するのは、少しの誤差で完成が全く違ってきます。簡単にやり直しというわけにはいきません。

大量生産が多い中、手間を惜しまず、ひとつひとつ手で加工するのは、手仕事でしか出せない生地の味が表現できます。言葉では表現するのは難しいけれど、機械から生まれたものと、職人の手から生まれたものでは、職人のこだわりと想いを込めているので、確実に違います。

ervaはそのこだわりと想いを大切にし、わんこと家族のみなさんに届けたいと思いました。

デニム職人 ブリーチ 加工場のみなさん 該当商品はこちら
erva pagetopへ
リンク お支払い方法 発送とお届け プライバシーポリシー 運営者概要 サイトマップ 協力者 Whole grain MUSTARD インスタグラム facebook お問い合わせ コピーライト